沿革

日本エア・リキードは、1907年に日本で初めて酸素製造を開始して以来、100年以上にわたり業界のパイオニアとして日本の産業発展に貢献しています。

日本エア・リキードは、1907年に日本で初めて酸素製造を開始して以来、100年以上にわたり業界のパイオニアとして日本の産業発展に貢献しています。 お客様の課題を解決するパートナーとして、世界中のエア・リキードと連携しグローバルにお客様のビジネスをサポートします。業界をリードするイノベーション・技術を中核とした革新的なソリューションの提供を通じ、お客様と社会の発展に貢献いたします。

日本の産業・医療を支えて100年

1907年、20m3/hの製造能力を持つ空気分離装置が 大阪に設置され、酸素の製造が開始されました。これは、日本の産業・医療ガス市場での長いビジネスの始まりでした。
以来100年の長きにわたり、私たちの技術は日本の産業に貢献してこられたものと自負しております。
さらに次の100年に向けて、今後とも従業員ひとりひとりが使命感を持ちつつ、お客さまにイノベーションをお届けすることで社会への貢献を継続してまいります。

1902年~

1902

エア・リキード設立

フランスの物理学者ジョルジュ・クロードが液体空気の製造に成功。実業家ポール・デロルムにより「エア・リキード」が設立される
1907

エア・リキード日本進出

日本初となる空気分離装置を大阪に設置し酸素製造事業スタート 
1928

溶接切断実習学校開設

溶接切断実習学校の開設

1930年~

1930

日本法人「帝國酸素」設立

現日本エア・リキード株式会社の前身となる日本法人「帝國酸素」を設立
1934

「大阪酸素工業」を設立

1953

日本初の液化酸素工場を開設

尼崎に日本初の液化酸素工場を開設

1960年~

1960

最高純度99.9999%の液化窒素製造に成功

1973

プラントエンジニアリング事業の強化 

機器製作所を兵庫県播磨に移転し、プラントエンジニアリング事業を強化 (現エア・リキードグローバルE&Cソリューションズジャパン株式会社)
1976

Nロケット打ち上げ用液化酸素・液化窒素を納入

1988

日本初のモノシラン製造工場を建設

1994

伊那工場開設

最新鋭の半導体材料ガス工場として操業開始

2003年~

2003

ジャパン・エア・ガシズを創立

「日本エア・リキード」と「大阪酸素工業」が国内の産業ガス・医療ガス事業を統合しジャパン・エア・ガシズを創立
2005

最新鋭空気分離装置稼働

製鉄オキシトンが日本最大級の最新鋭空気分離装置稼働

2007年~

2007

日本エア・リキード株式会社が誕生

ガスビジネススタートから100年 
「日本エア・リキード」と「ジャパン・エア・ガシズ」が統合し、新生「日本エア・リキード株式会社」が誕生
2009

エア・リキード工業ガスを設立

グループ内の関連事業を統合し、工業シリンダーガス事業に特化した「エア・リキード工業ガス」を設立
2010

最新鋭の空気分離工場 田原工場稼働

最新鋭の空気分離施設をもつ田原工場を稼働

2015年~

2015

燃料電池自動車向けの商用水素ステーション開設

合弁会社「豊通エア・リキードハイドロジェンエナジー㈱」が燃料電池自動車向けに2カ所の商用水素ステーションを愛知県に開設
2017

創業110周年を迎える

2018

日本水素ステーションネットワーク合同会社にキープレーヤーとして参画
2019

イノベーションキャンパス東京

エア・リキード「東京イノベーションキャンパス」開設
2020

国内初 遠隔監視型セルフ水素ステーション

国内初となる遠隔監視型セルフ水素ステーションを川崎に設置