不活性化・ブランケッティング

安全と純度を保つために、窒素を使用して全工程で不活性化とブランケッティングを実施します。

ブランケティングは、不活性化とも呼ばれ、製品の貯蔵、輸送、製造の段階や産業プロセスの特定の段階で不活性ガスを注入し、大気中の酸素や水分を除去するプロセスです。不活性ガスは他の化合物や材料と直接相互作用しないため、製品を可燃性や反応性のある状態から、安全で不燃性、非反応性の状態に変換し、保存することができる。代表的な不活性ガスには、窒素、アルゴン、二酸化炭素などがある。

ブランケティングは、精製、化学、医薬品、さらに食品・飲料など、幅広い産業で重要な役割を担っています。

私たちのサービス

エア・リキードのExpanding Gas Air Liquide(EGAL)プロセスは、SPAL技術から派生し、液化ガス(アルゴンまたは窒素)を使用して、溶解行程中の金属と大気中のガス成分(酸素、窒素、水蒸気、二酸化炭素など)との反応を抑制します。
当社のSPAL法は、非鉄製造においてよりクリーンな金属を溶解し、鋳物を生産する際の欠陥の発生を抑え、物性を強化し、不良品を減らすことに役立ちます。
SPALは不活性化ブランケッティング工程の当社技術のひとつで、EGALやSBALといった技術が含まれます。

製品ーガス・機器

各種ガス・関連機器をご紹介します

詳細を見る

ガスアプリケーション

あらゆる産業分野にガス応用技術でソリューションを提供します

詳細を見る