熱処理

エア・リキードは、熱処理に関する広範な知識や技術的専門性と、安全で信頼性が高く、カスタマイズされたガスソリューションを組み合わせ、お客様の業務の最適化とコスト管理をサポートいたします。

エア・リキード独自の熱処理アプリケーションであるALNAT™は、ガスの供給から関連機器、ならびに工業用熱処理炉内の雰囲気の生成・使用・管理に関する各種サービスを提供します。エア・リキードは、さまざまな配合とパッケージング方法で熱処理アプリケーションのための各種水素ガス混合物、ならびに関連機器を製造します。これらの混合ガスは特に、スチール鋼の高度や柔軟性といった構造的特性を変化させるために使用されます。

私たちのサービス

原材料、鋼鉄、アルミコイル、管材料の製造向けソリューション、およびそれらの加工・組み立てに向けた関連機器とサービスを提供します。
また、浸炭や窒化のための保護雰囲気、化学的に活性な雰囲気両方のニーズに対応します。
 

焼鈍

焼鈍はステンレス鋼、カーボン鋼、非鉄金属を熱処理し、内部応力を下げ、軟化させる工程です。当社の焼鈍用ALNAT™ガスソリューションは窒素と水素を混合して使うことをベースとしています。高い安全性と信頼性を保ち、メンテナンス作業の負担と投資コストを低く抑えます。

浸炭

浸炭は最も重要な表面硬化工程です。スチール部品の表面にカーボンを施し、張力と高度を高めます。雰囲気浸炭はコンプレッサー、バルブ、ギアボックスなど数多くの部品に使用されます。
ALNAT™ソリューションは、窒素とメタノールによるアクティブで再現可能な熱処理 を実現します。単一ロット用、あるいは連続炉のいずれでも、メタノールは熱分解され、浸炭におけるカーボン触媒として、炉内の900°C のホットゾーンに窒素とともに噴霧されます。

ガス焼入れ

ガス焼入れは、油浴焼入れや塩浴焼入れに代わる環境に優しい工法です。浸炭などの低圧工程と組み合わせ、ガス焼入れは歪みの発生を抑え、後工程を低減します。主として高性能材を対象として開発されたガス焼入れは、窒素またはヘリウムで実施します。近年、自動車産業では真空焼入れの普及に伴い、2メガパスカルにおよぶ高圧ガス焼入炉が必要になっています。

焼結

焼結は、鋳造せずに、金属粉から直接金属部品を最終形態に仕上げる工程です。自動車産業では、小さな部品の多くが焼結で製造されます。 金属粉を有機潤滑剤と混ぜ、炉に入れて圧縮焼結し、金属粒子を高温で強く結合させます。 エア・リキードは、さまざまな成分によって異なる要件に合わせ炉内の各ゾーンでの雰囲気組成を最適化します。

製品ーガス・機器

各種ガス・関連機器をご紹介します

詳細を見る

ガスアプリケーション

あらゆる産業分野にソリューションを提供します

詳細を見る