水素モビリティ

クリーンな輸送を実現するためにー
水素は、道路、水、空気のためのクリーンな輸送革命の中心であり、
温室効果ガス排出、都市汚染、石油系燃料への依存を削減します

モビリティの課題に応える

輸送は世界の排出量の25%を占め、そのうちの70%は道路輸送(貨物および旅客)が直接の原因となっています。 既存の技術は今後も改善されますが、パリ協定の目標を達成するためには、新しいソリューションの開発が必要です。水素はモビリティの課題に取り組むための重要なソリューションの一つであり、特に集中的な移動や大型輸送のニーズに適しています。

液体水素

水素自動車のモビリティを加速させる

Road Mobility

すでに約5万台の燃料電池自動車(主に自動車)が走っており、世界では1日100トンの需要があると言われています。

水素:大型モビリティの重要な解決策

水素は、重さ、スペース、コストなど、お客さまが避けて通れない課題に応えることができるため、集約型モビリティ(公共交通および貨物輸送)の脱炭素化ソリューションとして最適な位置づけにあります。大型車や使用頻度の高い車では、水素は短時間の燃料補給で長距離の走行が可能という、あらゆる面で有利な条件となります。

1日あたりに必要な水素量は自動車の種類によって異なり、自転車は0.35kg、バスは30kg、トラックは70kgとなっています。

Bus

~4,000

すでに世界で運行されている水素バスの数

バス

バスは狭いエリアの特定のルートを、決まった時間に走っています。このような予測性の高い場合は、ゼロエミッションへの移行に向け最適な選択肢となります。バスは、水素モビリティの中で最も成長しているセグメントです。燃料電池バス、燃料補給ステーション、水素が市場に出ています。

バス用水素の利点とは?

  • 短い充填時間:10分
  • 水素8kgで最大100kmの走行が可能
  • 騒音低減、密集地では大きな利点となります
  • 大容量送電網への接続を回避
  • 寒冷地、高温地、丘陵地の環境にも適応
  • 乗客の多い長距離バス
truck-picture

>50%

2030年には水素で走るゼロエミッショントラックが登場

大型車両

大型車両は、最も条件が厳しいモビリティの一つであり、長距離を長時間にわたって運行する必要があります。水素は、大型車の輸送を脱炭素化するための最適なソリューションです。2030年には、燃料電池自動車の生産台数は250万台となり、そのうち20%は大型車となる可能性があります。集約して使用することで、モビリティ市場が必要とする水素の60%近くを占めるかもしれません。

大型車両用水素の利点とは?

  • 短い充填時間:15分
  • 自動運転:1,000kmまで走行可能
  • ディーゼル車と同等の積載量 
Ligh-Duty fleets

45,000+

既に実用化されている水素小型車両の数

小型車両

水素エネルギーは、特にタクシーや実用車、フォークリフトなどの小型車両に適しています。このような車両は、シフト制で特定の地域で運行されるため、必要な場所に対応するインフラを配備することができます。

小型車両用水素の利点とは?

  • 短い充填時間:5分以下 
  • 最大800 kmの走行距離 
  • 高い柔軟性、高い使用率
  • ゼロエミッション車 

燃料電池電気自動車は、長距離走行と簡単な燃料補給を求める輸送事業者にとって便利なソリューションです。小型車と関連インフラは、ヨーロッパ、アジア、北米ですでに配備され、45,000台以上が走行しています。

航空機の脱炭素化、地上から空まで

Aviation

2035年

初の商用水素航空機の登場

航空業界は、2050年までにネットゼロを実現することを約束しています。その気候変動への影響は、CO2排出量(NOx)をはるかに超えています。航空機にとっても、空港にとっても、液体水素は脱炭素化という課題に最も応えることができるものです。2035年には水素を動力源とする最初の民間航空機が登場すると予想されており、空港は今からインフラを整備する必要があります。

水素は、空港内外のさまざまな用途に利用することができます。水素は、直接燃焼させるか、燃料電池を駆動させることで推進力として使用されます。また、水素は、特に大型のモビリティや軽量の地上支援装置など、その他の地上移動用途にも使用することができます。  

航空業界用水素の利点とは?

  • 最も安価な脱炭酸航空燃料
  • ケロシンに代わる唯一の低低炭素型合成燃料(CO2+NOxを使用した場合)
  • 高いエネルギー密度

ゼロカーボン海運への持続可能な道筋をつくる

Banner_fps

120K

現在の全世界の商業船舶の数

海上輸送は、世界全体の年間CO2排出量の3%を占めています。

水素はエネルギー密度が非常に高く、貨物スペースへの影響を最小限に抑えながら、ゼロエミッションでの海上輸送を可能にします。

現在、ほぼすべての船舶がディーゼルエンジンを使用しているため、より環境に優しい新しい推進システムは、この分野にとってますます重要な課題となっています。その中で、水素は重要な役割を果たすと期待されています。

水上輸送のための社会的認知と技術革新をもたらすと同時に、海運セクターにおけるゼロエミッション モビリティのための新しい道を提供します。

水素が海運にもたらす利点とは?

  • ゼロエミッション
  • バッテリーに比べて高い航続距離
  • 平均的な電力需要に対応

水素バリューチェーン

水素の製造から流通まで
エア・リキードは
水素のバリューチェーンのすべての過程に取り組んでいます

詳しく見る

産業分野向け水素

脱炭素社会の実現に向けた大きな推進力

詳しく見る