産業分野向け水素

脱炭素社会の実現に向けた大きな推進力

エア・リキードは、ラージインダストリー事業を通じて、世界の主要な産業基盤のお客さまにサービスを提供しています。当社の専門知識・技術により、産業用とモビリティの両市場で相乗効果を発揮し、大量の水素を確実に供給することができます。
Large Industries in Moissy, France

水素は、そのエネルギーポテンシャルや原料として、脱炭素化が困難な多くの産業分野で利用することができます。

  • 石油精製:炭化水素の脱硫
  • 化学分野:メタノールや合成燃料の製造
  • 熱処理などの冶金分野
  • セメント製造

私たちは、パートナーとともに、より持続可能な未来に向けたクリーンな製造のためのソリューションを開発すべく取り組んでいます。私たちの技術的な専門知識、革新的な能力、戦略的なパートナーシップは、産業界を変革するための重要な資産です。

資産の脱炭素化に向けて

エア・リキード グループは、水素の製造から貯蔵、流通に至るバリューチェーンにおいて、独自の専門知識を培ってきました。また、CO2回収・貯留のソリューションも提供しています。エア・リキードは、持続可能な開発目標の一環として、排出量を削減する明確な目標を掲げています。排出量を削減し、カーボンニュートラルを達成するための明確な目標を掲げています。

~2050年 カーボンニュートラル

エア・リキードは、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを約束し、パリ協定に示された地球温暖化防止のための国際的な取り組みと歩調を合わせています。

-33% 2035年までのCO2排出量

エア・リキードは、2035年までにCO2排出量を絶対値で33%削減することを約束します。

お客さまの脱炭素化をサポート

trailblazer project team

私たちは、お客さまや社会が求める答えや解決策を共に見つけ、サステナビリティ目標を達成することができます。

エコシステムの構築は、地球温暖化との戦いに具体的な解決策をもたらす産業界の意志と能力を示すものです。これはエア・リキードの持続可能な開発戦略に沿ったもので、排出量の削減だけでなく、産業を脱炭素化するためのさまざまなソリューションを提供することを目的としています。

私たちは、お客さまとの協力関係を、一貫した顧客重視の概念を超えたパートナーシップへと進化させることで、お客さまをサポートしています。

 

さまざまな低炭素化技術を開発

産業界から排出される大量のCO2を回収し、移行を支援するためには、炭素回収・貯留ソリューション(CCS)の開発が不可欠です。

エア・リキードは、CryocapTMによるカーボンマネジメントの長期的な専門知識により、排出削減が困難な産業プロセスに対して効果的で実行可能な低炭素技術を提供しています。

脱炭素社会に向けた
再生可能なソリューションの提供

エア・リキードとシーメンス・エナジーは、欧州において工業規模の再生可能水素電解槽の量産を目的とした合弁会社を設立することを発表しました。この分野における世界的なリーディングカンパニーである2社がそれぞれの専門知識を結集することで、この仏独のパートナーシップは、ヨーロッパにおける持続可能な水素経済の出現を可能にし、電解と水素技術に関するヨーロッパのエコシステムを促進します。

この戦略的パートナーシップは、エア・リキードとシーメンス・エナジーのそれぞれの知見を組み合わせた水素プロジェクトから利点を活用し、お客さまと共同で大規模な産業用水素プロジェクトの実施を目指します。最初のプロジェクトのひとつは、フランスのノルマンディー地方に位置しているエア・リキード ノルマンディー電解槽プロジェクトで、第1フェーズでは200メガワット(MW)の出力が見込まれます。

産業基盤の活用

エネルギー転換には、複雑なプロジェクトに取り組み、それを実現するために官民の力を結集することが必要です。
エア・リキードは、革新的な技術と戦略的なパートナーシップにより、低炭素社会の実現に積極的に貢献したいと
考えています。

フランス、オー・ド・フランス地域圏のダンケルクにおける主なプロジェクト

アントワープ流域

Kairos in Antwerp, BELGIUM

エア・リキードとBASFは、世界最大の国境を越えた炭素回収・貯留(CCS)バリューチェーンの開発を計画しています。アントワープ港の産業クラスターにおいて、CO2排出量を大幅に削減することを目的としています。この共同プロジェクト「Kairos@C」は、欧州委員会のイノベーションファンドに採択されました。

水素バリューチェーン

水素の製造から流通まで
エア・リキードは
水素のバリューチェーンのすべての過程に取り組んでいます

詳しく見る

モビリティ用水素

クリーンな輸送を実現するために

詳しく見る