日本初の低炭素水素・アンモニア製造にエア・リキードの自己熱改質水素製造技術が採用

  • Press Release

エア・リキード グローバルE&Cソリューションズ(エア・リキードE&C)は、広く産業界の脱炭素の試みに協力するべく独自の革新的な技術ポートフォリオを積極的に展開しています。自己熱改質(ATR)による水素製造技術もそのひとつで、CO2回収技術と組み合わせる事で大規模な低炭素水素・アンモニアの効率的製造プロセスを可能にする方法として利用されています。ATRにおけるリーディング企業のひとつであるエア・リキードの技術が、株式会社INPEXによる日本初の低炭素水素・アンモニア製造・利用一貫実証プロジェクトに採用されることとなりました。

水蒸気メタン改質法とCO2回収技術など他にもソリューションがある中で、ATR技術は特に大規模な低炭素水素・アンモニアの生産に適しています。ATRはCO2回収と組み合わせることにより、高いエネルギー効率、投資の低減、一系列による生産工程の簡素化をもたらし、さらに最大99%のCO2回収までをこの高度な統合設備において実現します。

エア・リキードは大規模な合成ガス生産向けに豊富な実績を持つATR技術におけるリーディング企業のひとつです。このたびエア・リキードE&Cは、日本の石油・ガス開発会社である株式会社INPEXから、新潟県柏崎市平井地区における「柏崎クリーン水素・アンモニアプロジェクト」向けにATR技術による水素製造設備を受注しました。このプロジェクトは、低炭素水素・アンモニアの製造とCO2の貯留・利用までを一貫して実証する日本初のプロジェクトです。

エア・リキード バイスプレジデントのマイク・J・グラフは次のように述べています。
「エア・リキードは産業界の脱炭素の試みにおいて効率的で信頼性の高い、革新的な技術とソリューションをお客さまに提供するという専門性を重視しています。株式会社INPEXと協力し、日本初の低炭素型水素・アンモニア実証プロジェクトの開発に貢献できることをうれしく思います。」

 

お問い合わせ
Air Liquide Engineering & Construction, Communications
日本エア・リキード合同会社 広報本部
ww-aljcommunications@airliquide.com
03 - 6414 - 6728